青木松風庵

紺綬褒章伝達式-2

スタッフブログ

青木松風庵が紺綬褒章を受章いたしました

By 青木松風庵編集部 2017.12.21

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

先日大阪府庁にて青木松風庵が竹内廣行大阪府副知事から「紺綬褒章」をいただきました。

 

皆さま紺綬褒章はご存知でしょうか?

日本では社会や公共の福祉、文化などに貢献した方は国から褒章が授与されます。この褒章には種類があり、対象になる内容によって授与される種類が異なります。それぞれ、

・自己の危機を顧みず人命の救助に尽力したるものに授与される「紅綬褒章」、

・自ら進んで社会に奉仕する活動に従事し徳行顕著なる者に授与される「緑綬褒章」、

・業務に精励し衆民の模範たるべき者に授与される「黄綬褒章」、

・学術芸術上の発明改良創作に関し事績著明なる者に授与される「紫綬褒章」、

・教育衛生慈善防疫の事業などに関し公衆の利益を興し成績著明なる者又は公同の事務に勤勉し労効顕著なる者に授与される「藍綬褒章」、

そして今回いただいた、

・公益のため私財を寄付し功績顕著なる者に授与される「紺綬褒章」があります。

毎年春と秋には受章者の顔ぶれや拝謁の様子がニュースになっていますよね。

 

なぜ今回紺綬褒章をいただけたのかというと、青木松風庵が月化粧基金として今年「公共財団法人大阪府緑の基金」に1000万円の寄付を行ったことが評価されたためです。

青木松風庵では2008年から2010年までは「みかさ基金」として朝焼みかさの売り上げの一部を、2012年より月化粧を1個販売するごとに1円を「月化粧基金」として環境保全のために寄付する活動を行ってきました。大阪府下の直営店舗と駅やイオンなどでの外販で販売された分を「大阪府緑の基金」に、和歌山県下の直営店舗で販売された分を「財団法人 和歌山県緑化推進会(世界遺産の森林を守ろう基金)」にそれぞれ寄付しています。この基金は小学校校庭の芝生化や、保育所や幼稚園などで園児が使用する木のおもちゃなどに使っていただいています。

青木松風庵では現在年間で1100万個以上の月化粧を販売しており、2016年度では1100万円、2012年から2016年度までの累計で3330万3555円を寄付させていただきました。

紺綬褒章伝達式-2
konjyuhousho2017

青木松風庵にはすべての仲間が行動の指針とする、「お客様を大切にすること」「おいしいお菓子を作ること」「仲間とその家族を大切にすること」「地域社会に貢献すること」という4つの経営理念があります。会社が存在するのもこれまで青木松風庵とそのお菓子を愛してくださった地域の皆様がいてこそ。地域の方に感謝し、より地域に愛される企業を目指して「月化粧基金」だけでなく、地域に貢献するために様々な活動を行っています。

大阪マラソンでの月化粧の給食もその活動の1つ。2015年、2016年、2017年の大阪マラソンではオフィシャルスポンサーとしてマラソンの38km地点で1万個の月化粧を提供しました。もともと月化粧のCMに出演してくださっている大平サブローさんがマラソンを走ることからスポンサーをすることになったことがきっかけですが、今年も会場ではたくさんの参加者の方からお声もかけていただき、私たちも笑顔になることができました。

今回紺綬褒章をいただいた際にも、竹内副知事から「復興支援で岩手県に出向している職員の方に大阪土産として月化粧を持って行ったよ」という話をいただきました。「月化粧基金」も地域への感謝の気持ちを伝えるために始めた活動ですが、今回の紺綬褒章ではその取り組みが形となって評価していただき、大変うれしく思っています。

「お客様を大切にすること」「おいしいお菓子を作ること」「仲間とその家族を大切にすること」「地域社会に貢献すること」という4つの経営理念を軸に、これからも地元のお客様に愛される企業として389名の仲間とともに成長していきたいと思います。

青木松風庵編集部

書き手:青木松風庵編集部

日替わりで松風庵やスイーツに関する記事を投稿♪ みんなの記事をお楽しみに! <執筆メンバー紹介> 月:春木店 店長 金山 火:事務所 岩田、山東 水:イオン和歌山店 店長 御厨 木:品質管理 上田 金:販売管理 杉本 土:販売管理 門田 日:営業 サブマネージャー 角谷

商品から探す

用途・シーンから探す

価格から探す

PAGE TOP