青木松風庵

スタッフブログ

【読み物】トナカイについて

By 青木松風庵編集部 2016.12.1

品質管理 上田

 いよいよ12月に入り、クリスマスも間近となってきました♪

わくわくするこの時季に良く目にするのがサンタクロースとトナカイですね。

トナカイとシカの違いは?と言われても実はよくわからないかと思いますので、今回はトナカイについてご紹介します。

 

トナカイは鹿の仲間でニホンジカやエゾシカなどと同じようにシカ科の動物です。

大きな違いはツノの生え方にあったんです。

鹿はオスしかツノが生えませんが、トナカイはオス、メスどちらもツノが生えてきます。

シカ科の中でメスがツノを持つのはトナカイだけです。

そして、オスとメスではツノが生えている時期が違います。オスは夏に生え、メスは冬に生えています。

ちなみにツノの大きさはオスのほうが大きいです。

ツノは他のシカ科の種類に比べて丸みを帯びているため、ただ単に闘争のためのものだけでなく、雪を掘ってエサを探し出すという役割もあります。

 

トナカイはシカ科の中で唯一単独でトナカイ属というグループに分けられています。

トナカイという名前は和名で、由来はアイヌ語の「トゥナカイ」からきています。

主にヨーロッパやアジア、北アメリカなどの寒冷地から北極圏のツンドラ地帯に広く分布していて、北欧やシベリアでは古くから家畜としていたそうです。

ではなぜそもそも鹿ではなくトナカイがサンタクロースのソリを引くことになったのでしょうか。

これは19世紀に出版された「聖ニクラウスの訪問」という本からきているようです。

この本にサンタクロースのソリをトナカイが引くということが書かれています。

トナカイが寒冷地で暮らしていたこともあり、しっくりきたことからこのような設定が定着したようです。

 

実は、青木松風庵にはこんなに可愛いトナカイのお菓子があります!!

~トナカイ上用~

クリスマスらしく、つぶらな瞳と真っ赤なお鼻がかわいいトナカイの上用饅頭です。

見た目に可愛く、見ていると食べられなくなりそうですね。

紅茶の香り豊かな生地とミルク風味の白餡で、ミルクティー味となっております。

クリスマスまでの期間限定販売となっておりますので、是非ご賞味下さいませ。

 

~クリスマスケーキ~

xmascake1

ふんわり焼き上げたスポンジに苺と黄桃をサンドした青木松風庵のクリスマスケーキ♪

サンタクロースとトナカイが飾られていてとても可愛いんです。

青木松風庵のクリスマスケーキを皆様で囲んでいただき、楽しいひとときをお過ごしくださいませ。

 

 

 

青木松風庵編集部

書き手:青木松風庵編集部

日替わりで松風庵やスイーツに関する記事を投稿♪ みんなの記事をお楽しみに! <執筆メンバー紹介> 月:春木店 店長 金山 火:事務所 岩田、山東 水:イオン和歌山店 店長 御厨 木:品質管理 上田 金:販売管理 杉本 土:販売管理 門田 日:営業 サブマネージャー 角谷

商品から探す

用途・シーンから探す

価格から探す

PAGE TOP